→English Ver.

利用者キャンセルポリシーについて

利用者によるレッスン契約の申込、成立後のレッスン契約のキャンセル、レッスン時間の変更の可否、キャンセルがなされた場合の料金の返還の取扱等については、この「キャンセルポリシー(利用者向け)」(以下、「本ポリシー」といいます)に定めるとおりとします。なお、本ポリシーにおける用語の定義は、本ポリシーに特に定めのない限り、当社が別途定める「利用者規約」の定義によるものとします。

1.利用者は、レッスン契約の申込を行った後、講師が本サービス上のシステムを利用して当該申込を承諾する旨の電子メールを送信するまでの間においては、ペナルティーを負うことなく、レッスン契約の申込のキャンセルを行うことができるものとし、利用者がレッスン契約の申込のキャンセルを行った場合には、当社はレッスン契約の申込時に利用者がお支払い頂いた料金から本レッスンの料金に関しては返還を行うものとします。

2.利用者は、講師が本サービス上のシステムを利用して利用者によるレッスン契約の申込を承諾する旨の電子メールを送信してレッスン契約が成立した後であっても、当該レッスン契約に定められたレッスン開始日時の24時間前までであれば、ペナルティーを負うことなく、成立後のレッスン契約のキャンセル又は講師に対するレッスン時間変更の申込を行うことができるものとし、利用者が成立後のレッスン契約のキャンセルを行った場合、振替レッスンあるいは、レッスン契約の申込時に差し引いた料金の返還を行うものとします。どちらを希望されるかは事務局にご相談下さい。

3.利用者は、レッスン契約に定められたレッスン開始日時まで24時間を切った後においては、以下の定めに従うことを条件として、成立後のレッスン契約のキャンセルを行うことができるものとします。 利用者が成立後のレッスン契約をキャンセルした場合、ペナルティーとして、当該レッスン契約に定められたサービスフィーの金額を上限として講師が定めるキャンセル料を利用者の保有金額から差し引かせて頂くものとします。利用者は、講師から通知を受けたキャンセル料に異議がある場合は、対象となるレッスン日を含め3日以内に講師に異議を申し立てた上で、キャンセル料について講師と協議するものとします。利用者及び講師は、キャンセル料について協議が整った場合、対象となるレッスン日を含め3日以内に事務局にキャンセル料について報告しなければならないものとします。3日以内に協議が整わない場合は、講師の判断でキャンセル料を徴収することができ、利用者はそれ以上異議を申し立てることが出来ないものとします。

4.いずれの場合にも、まずは講師と事務局にご連絡頂き、キャンセルの旨の連絡を頂く事をお薦め致します。

5.本ポリシーに定めのない事項については、当社が別途定める最新の「利用者規約」が適用されるものとします。